住宅総合保険とは


 家を借りる契約を結ぶとき、住宅総合保険料の支払いも求められる場合が最近は多いようです。住宅総合保険とは、住宅が火災などの災害にあった場合に、それによる損害を補償する保険のことをいいます。火災のほか、落雷、洪水、盗難など普通に生じる災害のほとんどすべてが補償され、安心できるというわけです。なぜ借主がこの保険の保険料を負担しなければならないかは契約上の合意にすぎませんが、借主の不注意で火事や漏水事故を起こしてしまい、本来惜主が莫大な損害賠償義務を負うべきところが、この保険で救われることになるのです。

住宅保険

【失火責任法は大家との関係では適用されない】

 日本には失火責任法という法律があり、火災によって他人に損害を与えても、それが放火などの故意、もしくは寝たばこなどの重大な過失による場合以外には責任を負わないことになっています。なぜなら我が国には木造建築が多く、いったん火事を出せば類焼しがちでその結果莫大な損害を周囲に与えてしまいます。その損害のすべてを賠償させたのでは、火元の人は一生立ち直れない負債を負ってしまうことになりかねないからです。
 ところがこのことは、マンションの借主と貸主のように、契約関係にある人にはあてはまらないことに注意する必要があります。ということは、借主が火を出して大家さんに損害を与えた場合には、その全額を賠償しなければならないことになるのです。そこで住宅総合火災保険に加入しておけば、約款で定められた賠償額を補償してくれます。
 そのほかにも、個人賠償責任保険(第三者にけがをさせた、所有物を壊した等の場合に担保する保険)、借家人賠償責任保険(大家さんに損害が及んだ場合に担保する保険)などがありますが、いずれも保険料はそれほど多額でなく、万一の場合には大いに頼りになるものですから、安心して住むためにも加入をお勧めします。

夫婦


山手線沿線は人気の沿線で多くの賃貸物件があります。山手線沿線の中でも恵比寿駅が人気です。恵比寿にはおしゃれなお店も多く町並みもきれいなので人気が集まっています。治安もいいので女性の一人暮らしにも安心でおすすめです。目黒駅エリアもおしゃれなお店が多く人気のエリアです。目黒エリアの中でも自由が丘はおしゃれなお店が多くきれいな町並みで人気のエリアです、よくテレビなどでも紹介されているお店もあり、歩いてショッピングを楽しむこともできます。また交通アクセスのよさから池袋駅エリアも人気です。駅周辺はお店が多く賑やかな雰囲気ですが、駅の南側には少し歩けば住宅街もあるのでいい物件があり、おすすめです。山手線沿線の賃貸物件をぜひご検討ください。

春日部といえば、あの有名なアニメの舞台となっているエリアで知られていますね。街のあらゆるところにキャラクターの広告を見ることが出来ます。
駅周辺にはショッピングモールやスーパー,銀行,コンビニがあり,病院や市役所もあります。道路も綺麗に舗装されているので,自動車や自転車の運転もしやすいです。
そんな春日部は、埼玉県内の平均的な賃料よりもとても安くなっています。特に,2LDK以上のファミリー向けの賃貸物件に関しては1万~3万もの差があります。賃貸物件は徒歩圏内で静かな住宅街の中にあり,カウンターキッチンなら家族とおしゃべりしながら料理をすることができますね。
春日部に住めばあのアニメのように楽しい日々が実現できることでしょう。